春秋航空(スプリングジャパン)で佐賀へ。体験談、搭乗記など口コミします

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

そう言えば「春秋航空(スプリングジャパン)」というLCCがあったよね( ̄ー ̄)o゛と、気づき。
中国発で、日本にやってきたLCCなので、中国の各都市へリーズナブルな価格で飛ぶことができます。
が、いきなり、中国へ飛ぶのは、不安です。
まず「東京(成田)⇔佐賀」便へ搭乗することにしました。




1.国内線でも成田空港第3ターミナルでチェックイン!

2.春秋航空の手荷物は?機内持込みは5kgまで

3.バスで搭乗機へ向かいます

4.機内は灰色。黄緑が刺し色!?

5.座席は一般的なLCC仕様の狭さ

6.春秋航空のスタッフさん、高度な接客をされるようです

7.春秋航空さん、行きも帰りも離陸は20分遅れでした

8.春秋航空さんからの【セールのお知らせメール】は、たまにきます

9.春秋航空搭乗記のまとめ


1.国内線でも成田空港第3ターミナルでチェックイン!

国内線でも成田空港第3ターミナルでチェックイン!
春秋航空日本(スプリングジャパン)は、国内線でも成田空港からの発着になります。
羽田空港からの出発!ではありません。
第3ターミナルの出入口の目の前にあるので、見つけやすい(* ̄∇ ̄)ノ

国内線でも成田空港第3ターミナルでチェックイン!
国内線の場合は、出発35分前までに搭乗手続きと、手荷物を預けなくてはなりません。
機械に、予約番号を入力し、チェックイン手続きをし、搭乗券をゲットします。
買物をしたときにもらう「レシート」を少し厚くしたような紙で、旅情に欠ける気が。。。

その横(下の写真の左側)では、スタッフさんが乗客の荷物に目を光らせていました( ̄ー☆

中国ができなくとも、日本語で手続きますので、ご安心を。

2.春秋航空の手荷物は?機内持込みは5kgまで

春秋航空の手荷物は?機内持込みは5kgまで
機内に持込みできる荷物は【5Kg】と、LCCの中でも厳しい条件です。
超過する分は、預けることになります。

▼購入したチケットによっては、機内に持込む荷物と合わせて15kg、25kgまでは料金に含まれます。
=========
ラッキースプリング:機内持込手荷物最大5KG
スプリング:無料手荷物許容量15KG(機内持込み5kg+10kg)
スプリングプラス:無料手荷物許容量25KG(機内持込み5kg+20kg)
※荷物の許容量に加え「予約変更・払戻」の条件が異なります※
=========
管理人の荷物は7-10kgくらいになるので、事前に手続きを済ませ、カウンターで預けました。

スタッフさんが、まとめ髪なのが日本的です。
日本成分なしの「エアアジアさん」だと、まとめ髪にせずお仕事してますもの。

3.バスで搭乗機へ向かいます

バスで搭乗機へ向かいます
指定された「150C」ゲートへ。

バスで搭乗機へ向かいます
指定された定刻に搭乗がはじまりました。

バスで搭乗機へ向かいます
やっぱりバスで搭乗機へ向かいます。
佐賀から成田への便(帰り)も、バスでターミナルへアクセス!でした。

4.機内は灰色。黄緑が刺し色!?

機内は灰色。黄緑が刺し色!?
いよいよ春秋航空日本さんの機内へ搭乗!
シンプルな塗装の飛行機です。

機内は灰色。黄緑が刺し色!?
シートが灰色で地味な印象です。
スタッフさんのジャケットが黄緑で、スカーフが黄色でカラフル。

機内は灰色。黄緑が刺し色!?
機内の最後部には黄緑に「春秋航空日本」「Spring Airline Japan」の文字が白く抜かれていました。
この黄緑や黄色を全面にだしてブランディングすれば、もっと印象が残ると思うのですが。。。

5.座席は一般的なLCC仕様の狭さ

座席は一般的なLCC仕様の狭さ
身長163cmの管理人が座席に腰かけ、前ポケットに飲物や本をいれたところ。
大柄な男性だと辛いかも知れません。。。

窓側と通路側の席がほぼ埋まり、真ん中の席があいているような搭乗率でした。

後ろの席に通路をはさんで座っていたカップル(CD席)が、おりまして。
彼らがスタッフさんに「席を移動してよいですか?」ときいたところ「ご遠慮いただいております」だってさ。
そういうところは厳しいようです。

6.春秋航空のスタッフさん、高度な接客をされるようです

管理人の席は、通路側でした。
通路を挟んで、元気な男の子とお母さんが窓側に(A席)、通路側に50-60代の女性(C席)が座っておりまして。
お母さんは、なんとか子供を静かにさせようと、奮闘していました。
管理人の座席の横は空席(EF席)で誰も座っていなかったので、あとで密かに窓側(F席)に移動しよう!と企んでいました

搭乗機のドアが閉まったところで、通路を挟んでお隣(C席)に座っていた女性が「ごめんなさい。席間違えちゃって」と、やってきて、管理人が狙っていた窓側の席(F席)に座ろうとし。
「席を間違った」のではなく、空いている席があるなら、元気な子供から遠ざかりたかったのでは?と推測されます。
その気持ち、わかりますもの。
でも「子供から遠ざかりたい」とは言えないので、彼女のとった行動は「大人の対応」です。

管理人が狙っていた席ではありますが(; ̄ー ̄A空気をよみ、窓側の席(F席)に女性を通しました。

そうしたところ、スタッフさんがやってきて、何故か正しい席に着席中の管理人が「お席の確認をさせていただけますか?」と、少々カチンとくる口調で言われ。
「移動したのは、管理人じゃない。窓側の女性だ」と思いつつ「それを言ったらおしまいだよね」と、チケットを見せ、事件は解決しました。

カップルに席を「移動したらダメ!」と言った手前、席を移動した女性がいたら、スタッフさんは注意をしなくてはなりません。
でも、事情を考慮すると、注意をしないほうがうまくいきます。
と、言って何もしないのもよくないので、管理人に声をかけたのでしょう。たぶん。

春秋航空さん、なかなか高度な気のきかせ方をします。

7.春秋航空さん、行きも帰りも離陸は20分遅れでした

春秋航空さん、行きも帰りも離陸は20分遅れでした
春秋航空日本さんを利用するさいの懸念事項は、「遅延するのでは?」でした。
何と言っても国土交通省が発表した2016年10月~12月の遅延率ワースト1ですもの。

結論を先に言うと、成田から佐賀への行きも、佐賀から成田への帰りも20分程度遅れて出発しました。
出発が遅れた分、到着も遅れました。

行きも帰りも、搭乗まではスムーズにいったのですが(苦笑)出発時刻になっても離陸体制にはいらず。
その理由としてアナウンスされたのは、下記です。

行きは「滑走路の混雑のため、管制塔から離陸許可がおりません」
帰りは「成田までの航空路混雑のため、管制塔から離陸許可がおりません」

このように「混雑したとき」に、管制塔がどのような優先順位で離陸させるのか気になります。

なので、春秋航空日本を利用するときは、旅先のスケジュールを詰めないことをおすすめします。

8.春秋航空さんからの【セールのお知らせメール】は、たまにきます

管理人は自営業なので、お勤めの方とくらべると時間が自由になります。
セール時に、お得な価格でチケットを購入し、旅をすることにしています。
いつセールが始まるのかは、LCC各社からのメールマガジンで知ることが多いです。

国内LCCの「ジェットスター★」「バニラ」「ピーチ」さんは、セール前に「明日の○時、セール開始」というようなメールが届きます。
セール開始後には「セールはじめました」、終了前に「セールは○時まで」というメールがやってきます。

ジャパンが就航したばかりの「エアアジア」さんはセール前、セール時には、アプリとメールでお知らせがきます。
毎回、メールでセールの告知をしているように思います。

ところがっ。
春秋航空のセールは、ほぼメールでお知らせがきません。
8月に春秋航空さんでチケットを購入してから、数ヶ月が経過しておりますが、1度だけ「セールのお知らせ」が届きました。
その間何度か「セール」は開催されているのですが(; ̄ー ̄A

そうしたおおらかさが、就航から5年たっても、日本での知名度を獲得できない原因の気がします。。。

9.春秋航空搭乗記のまとめ

長くなったのでまとめます。
多少の遅延はあっても、リーズナブルな価格で、他社LCCの飛んでいない場所へ旅できるのが春秋航空日本(スプリングジャパン)さんのよいところです。
海外だと、中国へリーズナブルな価格で飛び立てますもの。
スケジュールが詰まっていない旅で、他のLCCが飛んでいない場所なら、管理人はまた春秋航空さんに乗るでしょう。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です