秩父・長瀞の観光!徒歩+公共交通機関のおすすめプラン【長瀞編】

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

首都圏から日帰りで楽しめる「秩父」「長瀞」エリア。
フライング気味に「ロウバイ見学」にでかけてきたので(苦笑)、管理人の自宅近くのターミナル駅「池袋」発着で、おすすめのモデルコースとしてシェアします。
自然あり、昔ながらの建物、神社ありで、充実した時間を過ごせること間違いなし!です。




池袋駅からは、いくつもルートがあります。
が、今回は東武東上線→秩父線でアクセスしました。

▼ちなみに、3月-12月には秩父線内にSLが走っています
SLパレオエクスプレス

▼2015年11月の訪問記
【日帰り】SLに乗って、長瀞の紅葉見学(埼玉県)

宝登山ロープウェイ

長瀞駅
お昼くらいに、長瀞駅に降り立ちました( ̄^ ̄)ゞ
「宝登山ロープウェイ」の駅までのシャトルバスが、駅前にとまっていたので(運行日、要確認)、行きはありがたく乗せていただき「宝登山麓駅」へ。

宝登山ロープウェイ
「もんきー号」で「宝登山頂駅」まで約250mを5分で登るのです。
※ハイキングする、という手段もあります。

▼宝登山ロープウェイ
http://hodosan-ropeway.co.jp/

長瀞宝登山ロウバイ(蠟梅)園

長瀞宝登山ロウバイ(蠟梅)園
蠟梅園に脚を踏み入れと、馥郁たる香りが漂い笑みがこぼれます。
長瀞町の観光協会の公式サイトで「西ろうばい園 見頃」とあったのですが、少々フライングのようなヽ( ̄ー ̄ )ノ
長瀞宝登山ロウバイ(蠟梅)園
樹によっては美しい蠟梅を咲かせています。

長瀞宝登山ロウバイ(蠟梅)園
ぽかぽかして天気がよく、気分がよいので、細かいことはどうでもよくなってきました。

▼ロウバイ情報|長瀞観光協会公式サイト
http://www.nagatoro.gr.jp/category/flower_topics/flower_robai/

宝登山神社奥宮

宝登山神社奥宮
長瀞宝登山ロウバイ(蠟梅)園と一緒に訪れてほしいのが「宝登山神社奥宮」です。

宝登山神社奥宮
神聖な空気が流れています。

宝登山神社奥宮
宝登山奥宮の「狛犬」は、牙の生えた狼です。

宝登山神社奥宮
鳥居越しに秩父の山々を眺めながら、ひと休みできます。

帰りも「宝登山ロープウェイ」に乗り宝登山山麓駅へ。
今度は、シャトルバスに乗らずに歩きます。

宝登山神社

宝登山神社
宝登山ロープウェイの「宝登山山麓駅」から5分くらい山を下ると「宝登山神社」へたどり着きます。
鳥居の淵の装飾が「奥宮」が黒だったのに対し、こちらは金色で、華やかな印象があります。

宝登山神社
ご鎮座1900年記念事業で6年ほど前に改修された社殿は、彫刻がすばらしく、艶やかに彩色が施されています。

宝登山神社
見事な龍です。

▼宝登山神社
http://www.hodosan-jinja.or.jp/

長瀞の岩畳

長瀞の岩畳
宝登山とは秩父鉄道の線路を挟んで、反対側にある「岩畳」へ。

長瀞の岩畳
隆起した結晶片岩が「岩畳」となって並んでいます。

長瀞の岩畳
国の名勝・天然記念物に指定されており、断層を眺めながらの「ライン下り」が人気です。

▼長瀞ライン下り
http://www.chichibu-railway.co.jp/nagatoro/
季節によって、桜、紅葉などさまざまな風景を眺めることができます。

長瀞岩畳通り商店街
長瀞の岩畳から長瀞駅の間の商店街。
シーズンになると、フルオープンしますが、管理人が訪れた1月末の平日はあいているお店がまばらでした。

▼写真は豆の「大沢屋」さん。
http://www.mameya-osawa.com/s_mame/index.htm
「そら豆の甘納豆きな粉あえ」がおすすめです。

長瀞駅

長瀞駅
駅舎のガラスが、昔ながらのゆらぎのあるガラスなので、駅舎内からの景色が優しげです。
秩父鉄道に乗って「秩父」へ向かいます。

▼秩父鉄道 長瀞駅の時刻表
http://www.chichibu-railway.co.jp/station/22_nagatoro.html

▼秩父駅周辺の【徒歩で散策する】観光スポット
http://www.tabi55.asia/?p=4306

【地図】秩父・長瀞の観光スポット!徒歩+公共交通機関のおすすめプラン

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

One thought on “秩父・長瀞の観光!徒歩+公共交通機関のおすすめプラン【長瀞編】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です