東京十社巡りで、東京のパワースポットを訪問(東京都)

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

「赤い鳥居のたくさんある神社」に惹かれ、品川神社を参詣したときに「東京十社めぐり」の存在を知りました。
何かのご縁なので「東京十社巡り」にチャレンジしました ̄ー ̄)ノ”

==============
1.そもそも「東京十社」とは?

2.東京十社巡りの順番は?
==============


1.そもそも「東京十社」とは?

1867年10月、大政奉還により約250年におよぶ「江戸時代」が終焉を迎えました。
明治天皇は1867年12月、江戸城を皇居とし、江戸を「東京」と改め、新しい首都としました。

1968年(明治元年)11月8日、明治天皇が東京とその周辺の十二社を「准勅祭神社」とし、東京の鎮護と万民の平安を祈願されました。
「勅祭」とは天皇より勅使が派遣されるお祭りで、これに准ずる東京十社は格式のある神社と言えるのです。
それにしても、明治政府は「神頼み」だったでしょうか( ̄ー ̄;)

当初は12社(日枝神社・根津神社・芝神明宮・神田神社・白山神社・亀戸神社・品川神社・富岡八幡神社・王子神社・赤坂氷川神社・六所神社・鷲宮神社)でした。
1975年、昭和天皇即位50年を奉祝し、准勅祭社から遠隔の「府中町六所宮」と「埼玉県鷲宮町の鷲宮神社」を外し、23区内の10社を巡る「東京十社巡り」が企画され、観光的な要素を濃くして今に至っています( ̄ー ̄)o゛

2.東京十社巡りの順番は?

「この順番でなければ」と言う順番は決まっていません。
なので、好きな順番に、好きな時に、あなたの気の向くままにまわればよいのです。
管理人は天気のよい時に、「東京十社」とその周辺を散策しながら、ひとつづつ廻りました。

「根津神社はつつじの季節に」「白山神社はあじさい祭りのときに。富士塚登れるし」など、お花に合わせて訪問するのも風流です。
「と、言ったって効率よく廻りたい」と言うあなたのために、最短でまわれそうな順番をご提案します。
※表記している時間は、Googleで調べたものです。時間や曜日で異なるので「だいたいの時間」と思って下さい※

王子神社(JR・東京メトロ南北線:王子駅)

王子神社+王子駅周辺おすすめスポット(東京都北区)
通好みの散策エリア「王子」に鎮座する王子神社。
末社には珍しい「髪の祖神」です。
ご近所にある「王子稲荷神社」は、大晦日の「狐の行列」で知られますが、ふだんの日に訪れても楽しめます。
一緒に訪問することをおすすめします。

▼王子神社の訪問記はこちら
王子神社+王子駅周辺おすすめスポット(東京都北区)

【20分】東京メトロ南北線

白山神社(東京メトロ南北線:本駒込駅)

あじさい祭り@白山神社(東京都文京区)
白山神社は「歯痛止め信仰」で知られており、歯ブラシの供養をしてくれるそうです。
「あじさい」がキレイなので、あじさいの時期の訪問をおすすめします。
この時期だと「富士塚」と言うミニ富士山に登ることができます。

▼白山神社の訪問記はこちら
あじさい祭り@白山神社(東京都文京区)

【13分】徒歩
または
【13分】都営バス「草6」浅草寿町行(白山上-団子坂下)

根津神社(千代田線:根津駅・千駄木駅、南北線:東大前駅より徒歩5分)

根津神社(東京都文京区)
「乙女稲荷」の赤い鳥居群が目当てで訪問して、重要文化財に指定されている建造物に圧倒されました。
根津神社は「つつじ」が美しいことでも知られています。
「つつじの季節」の参拝がおすすめです。

▼根津神社の訪問記はこちら
根津神社と言えば?乙女稲荷の赤い鳥居!?重要文化財もたっぷり(東京都文京区)

【20分】千代田線

神田明神/神田神社(千代田線:湯島駅/中央線・総武線:御茶ノ水駅)

御神殿@神田明神
「神田明神」は、江戸東京に鎮座して1300年近くの歴史をもつのだそうです。
江戸時代には「江戸総鎮守(ちんじゅ)」として将軍様から江戸庶民にいたるまで「江戸のすべて」を守護されておりました。
と言っても、そこは下町。堅苦しいこともなく。
最近では「ラブライブ」さんと「コラボ」もされています。

神田明神(周辺含む)は、東京のパワースポット!?(東京/千代田区)

【32分】中央線・総武線

亀戸天神社(総武線:亀戸駅)

太鼓橋(男橋)@亀戸天神社(東京都江東区)
入口の大鳥居をくぐると、心字池があり3つの橋が、九州太宰府天満宮にならって架けられています。
そんな「太鼓橋」を渡ったり、伝統的な建造物とスカイツリーのツーショットを撮ったりできます。
また「梅」「藤」が有名なので、そのシーズンに訪れてもよいでしょう。

▼亀戸天神社の訪問記はこちら
亀戸天神社からスカイツリーまで歩いてみた(東京都江東区)

【36分】都営バス「門33」豊海水産埠頭行(亀戸四丁目/深川二丁目(バス)

富岡八幡宮(大江戸線:門前仲町)

富岡八幡宮
「門前仲町」駅の1番出口からアクセスすると、成田山東京別院「深川不動堂」のほうが駅近くにあります。
神社とお寺と、違いと似ている部分に思いを馳せながら参拝することができます。
横綱力士碑、数は少ないですが「赤い鳥居群」などもあります。

富岡八幡宮(神社)と深川不動堂(お寺)とを門前仲町で堪能(東京都江東区)

【19分】大江戸線

芝大神宮(大江戸線:大門駅)

芝大神宮(東京都港区)
芝大神宮は、1000年の歴史を誇る東京都内有数の神社です。
江戸時代には、関東一円の庶民信仰を集め「関東のお伊勢さま」として、数多くの方たちの崇敬を戴きてきました。
こじんまりとしている神社で、ご近所の増上寺と一緒に訪れるのがおすすめ

▼芝大神宮の訪問記はこちら
芝大神宮と増上寺(東京都港区)

【22分】浅草線+京急本線

品川神社(京急本線:新馬場駅)

品川神社で、富士山登山!?(東京都品川区)
管理人が大好きな神社です。
赤い鳥居のたくさんある「阿那稲荷大明神」はあるし、常時登ることのできる「品川富士」があるし、狛犬さんの土台に富士山が描かれているし、かえるさんもいるし。
大鳥居にからむ龍が見物です。

▼品川神社の訪問記はこちら
品川神社で、富士山登山!?(東京都品川区)

【42分】都営バス「反96」六本木ヒルズ行(八ッ山橋/六本木駅前)

赤坂氷川神社(日比谷線・大江戸線:六本木駅)

赤坂氷川神社(東京都港区)
境内にあるいくつかの神社、狛犬、樹齢400年の天然記念物など見どころの多い神社です。
銀杏や、紅葉の季節がおすすめです。

▼赤坂氷川神社の訪問記はこちら
赤坂氷川神社(東京都港区)

【13分】徒歩

日枝神社(東京メトロ南北線:溜池山王駅)

日枝神社(東京都千代田区赤坂)山王鳥居
一般的な鳥居の上に、お山がのったような「山王鳥居」が特徴的な「日枝神社」
「お猿さん(魔がさる)」があちこちにいて、愛嬌を振りまいています。
赤い鳥居がたくさん連なる「稲荷神社」もあるので、赤い鳥居ファンにおすすめの神社です。

▼日枝神社の訪問記はこちら
日枝神社(東京都千代田区赤坂)山王鳥居と稲荷神社の鳥居がおすすめ

電車やバスのアクセスを調べて思ったのが「意外と近いじゃん」でした。
神社をお参りする作法、マナーを守りつつ、御朱印を集めながら、スタンプラリー気分で「東京十社めぐり」をするのもよいでしょう。
これだけ、神様に祈りをささげたら、パワーをいただけそうです。
昔から伝わる場所に脚を運び、日本の伝統を感じましょう。

東京十社めぐり 地図(マップ)

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail