十勝川温泉 冬のイベント「彩凛華」(北海道/帯広)

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

十勝晴れのぬかびら源泉郷で、北海道遺産「タウシュベツ橋梁」まで氷雪上の散策と、源泉(温泉)を堪能して、帯広駅まで帰ってきました。
これから十勝川温泉に行き、十勝川白鳥まつり「彩凛華」を見に行くのです。



彩凛華

十勝川温泉 冬のイベント「彩凛華」(北海道/帯広)
毛糸の帽子をかぶっても、耳たぶがちぎれそうな痛さ、手と足の指先がヒリヒリする冷えの中、光の森が出現します。
光の森の「樹(三角錐)」は、農業用の保温材を使っていて、素材は発泡ポリエチレンとワリフの二重構造になっているそうな。
農業が盛んな「十勝」らしい素材ですね。

15分に1度「光と音のショー」が開催され、アップテンポな曲に合わせ、三角錐が流れるようにライトアップされます。
個人的には、ショーとショーの間の静かな空間が好きでした(* ̄ー ̄*)

十勝川温泉 冬のイベント「彩凛華」(北海道/帯広)
「光の森」の中を散策することもできます。
一段と大きいのが「シンボルタワー」です。きっと。

十勝川温泉 冬のイベント「彩凛華」(北海道/帯広)
高台から、十勝川温泉側を眺めたところ。

手足の指先がヒリヒリして、痛いです。
「寒い」を通り越すと「痛く」なります。

写真の右側に「光のトンネル」が見えますか?
この先は、冷えたカラダを温める「アイスプロムナード」があるのです。

十勝川温泉 冬のイベント「彩凛華」(北海道/帯広)
ここでも記念撮影をする方たちが。

十勝川温泉 冬のイベント「彩凛華」(北海道/帯広)
「アイスプロムナード」は、十勝らしいビニールハウス製で、おひとりさま席もありました。

十勝川温泉 冬のイベント「彩凛華」(北海道/帯広)
「十勝」ならでは素材を使った魅力的な飲食物が、管理人を誘惑してきます。
真剣に悩んで、帯広のお菓子屋さんとコラボした「モールショコレ(かんたんに言うと、チョコレートドリンク)」、「モール豚フランク」をいただきました。

帯広駅から1時間以内で行くことができる「光の森」です。
冬に帯広を訪れたら「十勝川温泉」まで、足をのばしてみては?

▼彩凛華(さいりんか)|十勝川温泉
http://www.tokachigawa.net/event/sairinka.html

十勝川温泉までのアクセス

帯広駅から十勝川温泉

公共交通機関で行くなら、帯広駅から、十勝川温泉まで「十勝バス」に乗ります。

▼十勝バスの時刻表
45.十勝川温泉線 とかち帯広空港線

ただ、バスの本数が少なく、また終バスが18:00でして。
管理人が糠平から帯広駅まで戻ってきた時には、終バスがでてしまっていました(ノ_・。)

しょうがないので、タクシーで約20分、3,000円弱かけて十勝川温泉にアクセスしました。

十勝川温泉から帯広駅

管理人は節約を旨とするので、帰りはバスで帯広駅まで戻ってきました。
朝イチのバスに乗ったのですが、十勝川温泉内から立つ人がいるくらい混んでいます。

帯広駅までは、バスはタクシーと違って遠回りをするので、約40分かかります。
バスは、十勝川温泉内のホテル、旅館で乗客をピックアップします。
自分のホテル最後のほうなら、バス内で座れない可能性大です。
何が何でも座りたい!という方は、はじめのほうのバス停でバスに乗るなど、作戦をたてましょう。

十勝川温泉内で「彩凛華」会場までのアクセス

先にホテル(十勝川温泉 富士ホテルに宿泊)に荷物を置き行ったところ、ホテルのスタッフさんに

「これ(彩凛華)行きますか?」「彩凛華の会場までのシャトルバスがでています」と教えていただきました(* ̄∇ ̄)ノ
30分に1本くらい、十勝川温泉内のホテルをまわって、旅館と彩凛華の会場へと【無料で】運んでもらえます。

バスは、けっこう混んでいて、管理人は、行きは普通に座れました(あるホテルから大量に乗車してきて、補助席が稼働しました)が、帰りは補助席でした。
後ろのタイヤが地面を掴んでおらず、ずるずると滑ってスリル満点(苦笑)。
10分くらいだから、補助席でも、狭くても、どってことないですが。

マイカーで十勝川温泉を訪れた方は、会場には駐車場があるので、車でも行くことができます。

毎年、彩凛華の会場までのシャトルバスあるのかわかりませんが、十勝川温泉に宿泊される方は問い合せてみましょう。
▼詳細は公式サイトで確認を
http://www.tokachigawa.net/event/sairinka.html

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

One thought on “十勝川温泉 冬のイベント「彩凛華」(北海道/帯広)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です