高千穂峡、国見ヶ丘など、高千穂エリアのおすすめここ!(宮崎県)

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

2014年秋に「阿蘇と高千穂」を、レンタルバイクで旅してきました。
※飛行機で熊本空港まで飛び、熊本市内でレンタルバイクをレンタルしました。

ご自身のオートバイでツーリング!や、もちろんレンタカーでドライブもおすすめです。
せっかくなので「高千穂編」をまとめました ̄ー ̄)ノ”
※訪問したのが2014年秋なので、状況が異なっている可能性があります※

▼現状は【高千穂町観光協会のオフィシャルサイト】でご確認を
http://takachiho-kanko.info/





朝イチで、一番の目当て「高千穂峡」を見に行ったところ、日のあたり具合がイマイチでして。
さきに、高千穂エリアをめぐることにしました。

高千穂あまてらす鉄道

2008年12月に廃線になった「高千穂鉄道高千穂線」の跡(の一部)を活用してはしる「地元愛」あふれる「軽トラ改造車のスーパーカート」です。
高千穂あまてらす鉄道
旧「高千穂駅」を出発して、現役時代は、日本で最も高い鉄道橋として知られた「高千穂橋梁」を渡り、戻ってくる往復約30分のコースです。
運よく運転手さんのお隣の席に座らせていただき(* ̄ー ̄*)出発です。

高千穂あまてらす鉄道
棚田など、のどかな農村の風景を眺めながら、スーパーカートは走ります。
あまり宣伝はしてないようですが、高千穂の棚田はなかなか立派です。

高千穂あまてらす鉄道
日本一高い(高かった?)鉄橋「高千穂橋梁」走行中
下記の動画を見ると、どれほどすごい場所を渡っているのか、分かります!

高千穂あまてらす鉄道
天岩戸神社へ行く途中の道で「高千穂あまてらす鉄道」を見かけました。
こんなところを走るのです。

2017年3月頃から、定員を増やした新車両がお目見えするようです。
高千穂に行ったら、ぜひ、乗りましょう。

▼【Youtube】高千穂あまてらす鉄道

▼運行時間、運休日などは、公式サイトで確認を
http://torokko.jp/

高千穂峡で「真名井の滝」を上から下から眺める

太陽の日差しがよい感じになったので、高千穂峡へ戻ってきました。
ボート乗り場に一番近い駐車場(御塩井駐車場)に、レンタルバイクを駐車し、貸しボートの手続きをして高千穂峡クルーズ(手こぎボードですが)へ繰り出します。

▼高千穂峡 貸しボート情報(高千穂町観光協会)
http://takachiho-kanko.info/sightseeing/taka_boat.php

高千穂峡 真名井の滝(貸しボートから)
真名井の滝に光が射して、神々しいことと言ったらヽ( ̄▼ ̄*)ノ

ひとりで写真撮影をしたり、ボート漕いだり、他のボートろぶつかったり大忙し(苦笑)

遊歩道から見た高千穂峡
ボートを降りて、遊歩道を散策。
上からのぞきこむ「高千穂峡」もすばらしい。
高千穂峡で「真名井の滝」を上から下から眺める
峡谷に、3つものアーチ橋がかかっているのが珍しいそうな。

道の駅「高千穂」レストランで「高千穂牛丼」を

道の駅「高千穂」レストランで「高千穂牛丼」を
高千穂牛と野菜がてんこ盛りになった丼をいただきました。

天安河原宮

天岩戸神社(あまのいわとじんじゃ)の奥にある「天安河原宮」。
おおきな間口の洞穴に鳥居があり、所狭しと石が積み上げられています。

天安河原宮@高千穂(宮崎県)
以前は社のみがあって「信仰の対象」となっていたのですが、いつしか祈願を行う人たちの手によって石が積まれていくようになったそうな。

天安河原宮@高千穂(宮崎県
無数にある石の山が、不思議な雰囲気を醸し出しています。

夕方の国見ヶ丘

「早朝の雲海」で知られる「国見ヶ丘」ですが、夕焼けも美しかったです。

国見ヶ丘から見た「阿蘇の涅槃像」@高千穂
「阿蘇の涅槃像」をみることができます

夕方の国見ヶ丘@高千穂
月がぽっかりと浮かびました。

高千穂神楽

高千穂神楽
高千穂神社境内の神楽殿で毎晩20時より1時間、三十三番の神楽の中から代表的な4番「手力雄の舞」「鈿女の舞」「戸取の舞」「御神体の舞」が奉納されています。
何でも、各集落の舞手が交代で奉納している「本格的な舞」を堪能できるそうな。
国の重要無形民俗文化財に指定されている「高千穂の夜神楽」を(一部を)体感できるよい機会なので、ぜひ見学させてもらいましょう。

▼高千穂神楽(高千穂町観光協会公式サイト)
http://takachiho-kanko.info/kagura/

朝の国見ヶ丘

朝の国見ヶ丘(高千穂/宮崎県)
高千穂に3泊し「雲海」を期待したのですが、3日間とも見ることができませんでした。
唯一見ることができた「雲海らしき雲」(;^_^A
「またおいで」と言うことなのでしょう。

高千穂へのアクセス

▼自動車、オートバイの方は高千穂町観光公式サイトを参考に
http://takachiho-kanko.info/access/

▼公共交通機関
▼熊本駅・熊本空港方面からは、バスが1日2本(約3時間)でています。
http://www.miyakoh.co.jp/bus/express/aso.html

▼延岡方面からは、路線バスが昼間は1時間おきぐらいに1本でています(約1時間半)
http://www.miyakoh.co.jp/bus/rosen/20101.html#7

▼宮崎駅、宮崎空港からは、日にち限定で、バスがでています(約2時間40分)。
http://www.miyakoh.co.jp/bus/express/takachiho.html

高千穂内の交通は?

徒歩

高千穂バスセンターから、歩くとすると・・・
高千穂峡貸しボート乗り場:33分/2.2km
高千穂神社:11分/900m
旧高千穂駅(高千穂あまてらす鉄道):9分650m
このあたりまでは、歩いてでもいけるでしょう。
※Googleさんで調べました

ただ、天岩戸神社などは「1時間34分/7.2km」かかるので無茶です。
そんなあなたには、レンタルサイクルが、おすすめです。

▼レンタルサイクル(高千穂町観光協会)
https://takachiho-kanko.info/tour/detail.php?log=1344571295&cate=&nav=4
※自転車での移動時間の目安付きの地図も

本数は少ないですが、バスでも移動できます
▼高千穂回遊バス(主に、土・日・祝、繁忙期)
http://www.miyakoh.co.jp/bus/rosen/takachiho_kaiyuu.html

▼ふれあいバス
http://www.town-takachiho.jp/industry/bus/

▼宮崎バス
http://www.miyakoh.co.jp/bus/rosenmap/rosenmap.html

▼それでも「国見ヶ丘」へは行きづらいので、現地ツアーに参加しては?
https://takachiho-kanko.info/tour/#tabs

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です