硫黄山(アトサヌプリ/北海道)/ Iozan (Mount Iō / Hokkaido)

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

阿寒バスさんの定期観光バス「ホワイトピリカ号」にのって、釧路から阿寒湖へ。
屈斜路湖の砂湯で白鳥を愛でたあとには、硫黄山(アトサヌプリ)へ向います。
「アトサヌプリ」というのは、アイヌ語の「アトゥサ」(atusa, 裸である)と「ヌプリ」(nupuri, 山)に由来し「裸の山」という意味だそうです。

翌日、管理人はひがし北海道エクスプレスバス3号で阿寒湖から紋別へ移動しました。
その両方に「硫黄山(アトサヌプリ)」「摩周湖」での観光が含まれています* ̄ー ̄)
1日目は小雪がちらつき、観光客が多くにぎやかで、2日目は、晴天で人が少なく、それぞれの表情を楽しめました。

と、いうことで、まずは小雪がちらつく硫黄山を・・

小雪が散る硫黄山

硫黄山は、やはり夏に何度か訪れたことがあります。
夏より「硫黄山は、火山で、地熱が高くて、蒸気がふきだす!」というのが、雪景色で見るとわかりやすいです。
硫黄山(アトサヌプリ/北海道)/ Iozan (Mount Iō / Hokkaido)
雪が積もっていない部分が、温かくところですもの。

硫黄山(アトサヌプリ/北海道)/ Iozan (Mount Iō / Hokkaido)
蒸気の噴き出し部分で、セルフィーする観光客(苦笑)
楽しんでいただけて、何よりです

晴天の硫黄山(冬)

翌日は、晴れて、人もいなくて。
硫黄山(アトサヌプリ/北海道)/ Iozan (Mount Iō / Hokkaido)

霜柱と、蒸気の噴き出し口
硫黄山(アトサヌプリ/北海道)/ Iozan (Mount Iō / Hokkaido)

硫黄山(アトサヌプリ/北海道)/ Iozan (Mount Iō / Hokkaido)
人がいると、大きさが伝わります(;^_^A

硫黄山のたまご

こうした「蒸気がふきだしている観光地」の名物と言えば「温泉たまご」です。
駐車場の横にある売店で、1個でバラ売りしてました(* ̄∇ ̄*)

160303_6714
たまごに、備え付けのガムテープ(が、置いてある)を巻き付けます。
テーブルの上で、ごろごろ転がし、殻をほどよく破壊してから、ガムテをとると・・・

ほら、たまごの殻がキレイにむけちゃいます♪
おうちでも応用できそうです。

塩気があって、おいしくいただけました。

I have been to Iozan in summer several times.
First time, I visited there in winter.
Iozan is volcano.
Easy to understand better in winter than summer,I think.

2016年2月22日、23日 February 22,23 2016

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail